関西圏地盤研究会
  KG-R
   目的・活動・運営
   組織・研究会員
   活動内容
   研究参加ご案内
   お問い合わせ

   関西圏地盤情報ライブラリー
   刊行本・関連図書

   リンク

土の自習室


KG-R > 目的・活動・運営


【目的】
関西圏地盤研究会(KG-R:Kansai Geo-informatics Research committee)は,関西圏地盤情報ネットワーク(KG-NET)を形成する組織の一つとして,関西圏地盤情報協議会(KG-C)および関西圏地盤DB運営機構(KG-A)と協力し,関西圏地盤情報データベースを“関西圏の財産”と位置づけ,関西圏における地盤情報活用の更なる発展を担うため,次の役割を果たすことを目的としています。
◇ 関西圏地盤情報データベースの活用による地域地盤特性の調査および研究

【活動】
本研究会(KG-R)は,次の活動を行っています。  
(1) 関西圏地盤情報データベースによる調査および研究
   ・地域地盤特性の調査・研究
   ・諸機関の利用対象地下における地盤特性の検討
   ・諸機関の要請による調査・研究
(2) その他、研究会の目的を達成するために必要な活動
   ・講習会の開催,書籍出版等による研究成果の公表

【運営】
本研究会(KG-R)は,KG-C学識構成員の主催により運営されています。また,研究活動のための費用は,「研究会会員」の会費負担等により賄われています。